損保会社の事務の仕事と資格とは

損害保険会社の事務仕事とは

事務処理全般を行う仕事が損害保険会社やその代理店には存在します。損害保険会社の事務といえばそのことです。今損保業界も金融の自由化により内容が多様化しています。そういった意味で事務的な部分でもスペシャリストが必要とされているのです。専業化した損保事務スキルを身につけることができれば、損保会社の事務によって一般事務よりもさらにスキルアップをはかることができるチャンスがあります。

書類作成がまず第一の損害保険会社の事務の仕事です。保険証書や、契約書、保険に関する見積書、申込書などの書類を作成するのです。また保険加入の相談、損害保険の契約に伴う申込書、変更書類の内容のチェックと専用システムへの入力などの処理業務を行います。損害保険会社の事務では保険料の精算や入出金の処理もします。もうひとつ重要な仕事があります。契約者から領収した保険料を保険会社が出力した明細と合わせてチェックします。事故の連絡を受付て保険会社への連絡をしたり、顧客と電話等で直接相談しながら最適な保険を選択して見積書などを提出するのも事務の仕事です。

保険金請求書類等の送付・回収、クレーム対応なども損害保険会社の事務に含みます。事務仕事とは言っても、人と直接やり取りする機会の多い仕事であるといえます。この仕事には専門的な知識が必要になってきます。システムが会社ごとに異なる部分もありますし、一口に損保といっても傷害保険、自動車保険、火災保険などの保健の種類が違えばまた扱いが異なってくるからです。ですから、特別な資格の整備が損保事務に関しては整備されているのです。

保険関連ニューストピック

お役立ちリンク

ヒューマンアカデミー/大原専門学校/FX 1000通貨/適性検査/福祉の仕事/リフォーム/省エネ住宅/オール電化/子供の習い事
Copyright (C) 2008 損害保険会社の事務仕事と資格. All Rights Reserved.