損保会社の事務の仕事と資格とは

損害保険会社の事務資格

まず損害保険募集人資格というのが損害保険会社の事務仕事につくためには必要です。資格の種類は専門性が高くなるとグレードアップします。この資格は損害保険業務の最も基本的な部分についてのものになります。もしこの資格を持っていなくても、損害保険会社で事務業務につくことはできます。けれど採用条件に資格を必要としている損害保険会社が多いようです。即戦力が欲しいからです。

損害保険の募集を行うためには資格が必須ということが保険業法276条によって定められています。そのため、損害保険会社の事務でも資格を持たずに採用された人は、会社の意向などで資格試験を受けることになるでしょう。損害保険会社の事務の資格については以前は損保協会が行っており、資格そのものは各社共通でした。ただ現在では資格試験を各社で行っています。損害保険募集人資格以外の資格は各社ごとの商品が大きく異なってきているので各会社でやるほうが良いのです。

資格試験自体、損害保険会社の事務の資格の場合はそんなに難しいものではありません。保管会社から送られてくるテキストを一読しただけで、実際に損保事務の仕事をしている人ならば合格点が取れるくらいのものでしょう。かつては一度資格を取得すれば損害保険募集人資格はずっとそのままでした。現在は5年ごとの更新制になっています。更新試験を5年毎に繰り返し受験しなければならなくなったのです。

ファイナンシャルプランナー関連ニューストピック

お役立ちリンク

Copyright (C) 2008 損害保険会社の事務仕事と資格. All Rights Reserved.