損保会社の事務の仕事と資格とは

損害保険会社の事務仕事とは

損害保険会社の事務の仕事には損保の内容についての広範な知識が必要です。事務といっても損害保険業務全般を行うからです。さらに常に学び続ける知識欲も損害保険会社の事務には必要なことです。損保の内容は年々多様化しているからです。事務の仕事をするには保険についてしっかりと知っておく必要があります。電話で対応をすることもあるので、迅速な行動が取れるようにするためです。

ですから経験が重視されることが、損害保険会社の事務の選考においては多いようです。損保に関する資格や、経験の有無が採用時の条件になっている会社多いようです。損害保険募集人資格、損害保険代理店資格等を持っている人は損保事務の仕事を探す上では有利です。それに加えて、ちょっとした言葉遣いや気遣いで相手を思いやることのできるコミュニケーションスキルも、損害保険会社の事務には大切です。電話で質問を受けたり、クレームに対応したりしなければならないからです。そのため損害保険会社の事務には専門的な知識や事務処理能力の他にも基本的なビジネスマナーや会話力そのものが必要になります。

もうひとつの重要なスキルはパソコンです。損害保険会社の事務には必要不可欠です。損害保険会社の商品が多様化し、商品数自体も増加したことから、保険の見積もりを手計算で行うことは困難になりました。ほとんどの損害保険会社では、コンピューター管理で見積書の作成や、契約書の作成、更新などの事務の仕事を行っています。スムーズに損保業務をすすめるためにも、パソコンのスキルをアップさせておくことが大切でしょう。

保険関連ニューストピック

お役立ちリンク

Copyright (C) 2008 損害保険会社の事務仕事と資格. All Rights Reserved.